録ってるとどうしても入ってしまうもの。
どんなに気を付けたって、100%入ってないものなんて、プロの環境でもなければ無理。
って考えましょうw
要は気楽に。

どんなところで入りやすいかを知っているだけでも違うはず。
あまりむきにならないで、ある程度の妥協は必要だけど入りすぎはもちろんNG。


---------
【まわりの音】

・近所を走る自動車やバイクのエンジン
・廃品回収車や選挙カーのようなスピーカーから大音量で宣伝しながら通っていく車
・低空飛行をしているヘリコプター
・ご近所さんの音

・PCのファンが回転する音
・PCの振動



大きな音を出しながら走っていく車、ヘリは完全にいなくなるまで待ちましょう。
少しでも音が聞こえると、録音したものに交じってたり…ということがあるので。
低空飛行で旋回していたヘリがやっといなくなった!!再開!!と思ったら戻ってきた!!というのはアズの環境ではよくありますw

ご近所さんはどうしようもないです。お互い様ですから。
むしろ録音中の音で相手に迷惑をかけてる、ごめんなさい!!って気持ちにならなくては。

PCのファンは、フル回転してるときはいったん休んで、静かになったら再開しましょう。
PCの振動は機種にもよるとおもいますが、起動してる時にどうしても…マイクスタンドを通してかその振動の音がマイクに…。これの予防法としては、マイクスタンドが傾かない程度にタオルを下に2枚ほど敷く、ですかね。



あと去年夏に歌い手がエアコン云々話題になりましたが、UTAU音源の場合あながち間違ってないかもしれません。
私の部屋にはエアコンなんてないのでわかりませんがw
夏は扇風機のみですが、むしろそっちのほうが悪いかも?

どちらにせよ、マイクに直接風が吹きつけるようだったりすると当然ノイズに。
エアコンは…音がほぼしない無音なものならいいのかもしれませんが。
どうしてもその環境で録りたいなら
・エアコンor扇風機を切った状態で録音
・エアコンor扇風機の電源を付けた状態で録音
これを比べてみましょう。
後者で明らかに変な音が交じってるぞ?という場合はエアコンor扇風機をあきらめてください…


冬場のエアコンや空気清浄器も同様。
暑い環境ではPCのファンもフル回転ですし、結果的によくないので真夏に録音はしないほうがいいかも?



---------
リップノイズポップノイズ


これはどうしようもないです。私もプロではないので…
waveファイルを聞く限りでは問題なさそうなのに、UTAUで再生したら…あれー…ということはよくあります。

後から波形編集できる人はいいかもしれませんが、私はできません。
なので、できるだけ乗らないように気を付けることを第一に。

録ったらその都度trimerで音量をそろえる or SoundEngineFreeでノーマライズしてノイズが入っていないか確かめます。
入ってたら録りなおし。何度でも。
但しどうしてもどうしても苦手なもので入ってしまうのは仕方ないです。
10~20回程録りなおしてもダメな場合はもう妥協。
10回録りなおしてみてもいないのにあきらめちゃうのはもったいない。


ここで前回紹介したプロの声優さん音源が役に立ちます。
「私はこの音でよくノイズが…」というときに、プロの人のを聞いてみましょう。
実は人によってはノイズが入ってたりします。
だからこそ、そんなに完璧を求めなくてもいいか、というかプロでも入っちゃうか、とか…なんというか…
気楽になるよね?ということで←



どう気を付けるかはその3録音あたりで詳しく。

----------
【おまけ】

録音の時間。

時間帯としては、近所迷惑にならない午前10時~午後3時くらいまでがいいのかと。
その辺りはご近所さんの様子を見つつ、考慮しつつ。

一日の作業時間は欲張らず4時間程度。
ちゃんと休憩しながら。


私の場合、録音し終えるまで単独音は1日、連続音は2日くらいかかります。
ノイズとか気にせずにダーっと録れば2日以内に終わるかもしれませんが。
録りなおし、録りなおしでなんだかんだでそれくらいはかかってしまいます。


でも焦らずに。
ゆっくり、できるだけ状態のいい物を作れればと。
スポンサーサイト
2014.01.28 Tue l UTAU音源作成 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://capvul.blog.fc2.com/tb.php/31-4b093685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)