なんといっても基本は単独音。
まず単独音の音源を作って、原音設定をして、歌わせて…

自分のクセ、良いところ悪いところを見つけましょう。
それを見つけたうえで次に連続音にチャレンジするほうが、自分の特徴もわかってるわけですしずっと楽です。


原音設定については、setParamでやってしまう方法もありますが、私はUTAUエディタ上でやることをオススメします。
理由としては、この数値でいいのか、前の音とのつながりをすぐにチェックできるから。
azu01.jpg
↑こんな具合にノートを並べて。
この画像でいうと「か」の原音設定中。
同じ音の高さで確認した後この「か」をC4(ド)じゃなくてE4(ミ)に上げたりA3(ラ)に下げたり。それでもおかしくならないか確認します。
音の高さが変わったらつながりがちょっと変(早く感じるとか遅く感じるとか)、と思ったら数値を変えてみましょう。
また前のノートを「あ」ではなく「い」に変えてみても少し印象が変わるかも。
研究に研究を重ねてみましょう。


原音設定のしかたの参考としては以下のサイトが詳しいです。
N.H.Pの母音・んk/t/p行その他

kohigashiさんのサイトのコチラ

の方法で私は設定しています。
長くなってしまうのでここでは省略します。(上記のサイトでうまく説明されているので)


録音には「NHP単独音録音キット」と「OREMO」を使用します。
N.H.Pの原音設定のページでの、例で出てる波形の画像では途中で終わっていますが、録音する際「録音終わり」までしっりと伸ばすといいです。右ブランクの原音設定が少しだけ楽になるかも。
azu02.png
↑こんな感じ。



以下、録音の際のポイント等。

---------
【ア行・ん】
・とにかく音量を安定させる
母音結合にも使うので。基本中の基本です。
真っ直ぐ、音量を安定させてスーッと伸ばしていくイメージで。

「ん」は「う」に近い音にならないように。
連続音だとノイズの発生を防ぐためか、それともクセか不明ですが、「ん」が「う」っぽい音源もあります。
例えば「こんにちは」が「こうにちは」っぽく聞こえたら不自然ですよね?
…そんなこんなで。


【サ行】
・子音が強くなりすぎないように注意
子音が強くなりすぎると、UTAUで合成した時に耳障りな音になる可能性大です。
私も強めだったので、できるだけ優しく、弱めにを心がけています。


【タ行】
・子音が強すぎると「ダ行」に似てしまう可能性あり?
・「ち」と「つ」はサ行同様子音が強すぎないように注意
た・て・とは子音が強いと(?)だ・で・どっぽく聞こえてしまう可能性があります。
ファイル名をあえて伏せて、別の人に聴いてもらって「た」と「だ」どっちに聞こえる?ってやるのも一つの手。
じぶんでは「た」のつもりでも別の人からしてみたら…っていうこともあるので。

ち・つの理由についてはサ行と同じ。


【ナ行・ラ行】
・上顎から舌が離れるときにノイズになりやすい
連続音でも難しいところ。
これは舌が離れるその瞬間気を付ける、としか言いようがありません…


【ハ行】
・特に「ふ」と「ふぉ」はマイクに息を強く吹きかけないように
どんなに弱くしたつもりでも、いざノーマライズしてみると…フッって入ってて…ってよくなりますw
N.H.Pのサイトによれば、マイク&ポップガードとの角度を変えたりするといいそう。
斜め上からとか。もうちょと離れてみるとか。



【マ行】
・上唇と下唇が離れる瞬間ノイズが入りやすい
ナ行・ラ行と理由は同じ。


【ワ行】
・を=うぉ
ローマ字で書けばワ行って
wa wi wu we wo
じゃないですか。
これのwoです。
うぃ・うぇ・うぉのうぉと共有したほうがファイル数も少なく済みますし。
「を」をwoの発音で録って、エイリアスの追加で「うぉ」を登録しましょう。


【カ行・ヤ行】
気を付けるべき点という点はないかな…と。
ただヤ行は、例えば「や」なら子音部分に小さく「ぃ」が入るかもしれません。
この「ぃ」が大きすぎて(目立ちすぎて)「いや」って感じにならないように。

----------
【ガ行・ダ行】
気を付けるべき点という点はないかな…と。
ただヤ行同様、ダ行は子音部分で小さく「ん」が入るかも知れません。
このときも「んだ」みたいに「ん」が目立ちすぎないように注意。
ただ小さく、本当に目立たない程度に「ん」を付けるのはタ行との差別化にもなるので一つの手かも?


【ザ行】
・子音が強くなりすぎないように
理由はサ行と同じ。


【バ行・パ行】
・パ行はもしかしたら、子音が強めだとバ行に近くなってしまうかも
・パ行、なかでも「ぷ」は特にポップノイズに注意
パ行がバ行は理由はタ行と同じ。
ポップノイズはナ行・ラ行と同じ。とにかく気を付けるしかありません。


【ヴぁ・ヴぃ・ヴ・ヴぇ・ヴぉ】
・できなければなくても可。
できなければ「バ行」のものにエイリアスの追加でやっちゃえばよし。
(「ば」に「ヴぁ」、「び」に「ヴぃ」といった感じで)


----------

ごちゃーっと書いてしまいましたがポイントとしてはこんな感じ。




バ行か、パ行か?みたいなところは、Mac音ココ白で学んだものです。

ココ白はファイル名が「Macne coco white 001」とかで、PDFと照らし合わせながらファイル名を変更しなければなりませんでした。
当時はAIFFに対応していなくて、waveに変換する必要があったのですが…
エイリアスの追加で対応するにしても、この作業は必要なもの。

PDFで該当のものを探して、実際にファイルを再生してみて間違ってないか確認したあとファイル名を変更していました。
問題はここでです。パ行のどれだったかちゃんと覚えてないのですが、

再生しただけでは「びゃ」に聞こえるんだけど、実際は「ぴゃ」とか。
子音の強さでも聞こえ方が変わっちゃうもんだなーと。


あと、Mac音ナナ。
意外と「に」とか、リップノイズがのってたり。
発音の仕方のクセなのかもしれません。
音を聞くに、私も多分こんな発音の仕方でして。
でもちょっと意識するというか、工夫するだけでも大分変わります。

「に」「にぇ・にゃ・にゅ・にょ」「み」「みぇ・みゃ・みゅ・みょ」はほかの声優さんでも同じですね。
きいていればテレビのアナウンサーさんも。
のっちゃうときはのっちゃう。
だから完全になくすのは無理と思ってよし。
ただあきらめずに何度も録りなおす努力は必要。





どうでもいいですけど、これを複数の音源でやってると…
「この人の子音(発音)の感じだと、原音設定は… でUTAUで再生するとこんな感じになりそう」
フルボイスのゲームとか、ラジオCDとか聞いてるとこんなこと考えちゃう人になるかもしれません←
変人じゃないですが、実際私がそうでしたw


----------
すごくどうでもいいかもしれない話。


私は歯並び悪いです。小さいころ顎が細くて永久歯が入りきらなかったパターンの。
もしかしたら…関係ないかもしれませんがもしかしたら。

歯並び悪いと、とくにサ行で子音が強めになってしまい、耳障りな「キーン」っていう感じの音になりやすい?
歯の隙間をスッと鋭く通っていく息が…ってことですかね?
思い込みかもしれませんけど。

なので余計にサ行は「子音は弱く、優しく」を心がけています。
スポンサーサイト
2014.01.29 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://capvul.blog.fc2.com/tb.php/33-6803b893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)