上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
息については、連続音でも単独音でも構いません。
録った中に、発声する前のところでこれ、いい感じに息音源として使えるぞ…?というものがあった場合。

例えば「あ.wav」にいい感じのブレスが入ってたとします。
したら「あ.wav」をコピーしてコピーしたもののファイル名を「息」に変えます。
ブレスの前後、いらない部分を無音にして、「あ」と発音してる部分を切り取るなりなんなり。
これで完成!!

個別に「息」として録るのも手ですが、自然さでいったら上記の方法で作ったほうが断然上かもです。

----------
語尾息音源については、連続音の一番最後の音で決めるor個別に作る。
連続音で作る場合例えば
「ああいあうあ」のさいごの「あ」で、
「はー」とため息をつくようにフェードアウトするか「ハッ!!」と短く吐き捨てるようにするか。
どっちのパターンを作ってもOK。

単独音で録って最後のほうだけ上と同じ方法で…というのもアリ。
最初はこっちのほうが楽かも。
録音する際のガイドメロディーは3モーラ用を使うといいかもしれません。
普通の「あ」とは別に語尾息用の「あ」を作ってしまいましょう。


原音設定のしかたについては、重音テトの語尾息音源が参考になります。



----------
そして忘れてました。
録った後のファイルのちょとした加工。

エフェクトをかけるわけではないです。
原音設定というか、UTAUで使用する前にtrimerを使用して音量をそろえます。
で、前後の空白部分。
ここは私の場合、無音にしてしまいます。

特に子音がk/t/pのようなものは、原音設定するときに余白部分を作るかマイナスに設定するか…
どちらにせよ、この部分に何か音が入ってたらなぁ…ということで。

「サ行」「ハ行」は子音まで削ってしまわないように注意しながら。


やってもやらなくてもですが、気になる方は是非。
スポンサーサイト
2014.01.29 Wed l UTAU音源作成 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://capvul.blog.fc2.com/tb.php/35-231d5880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。